ウォシュレット修理の費用や価格は?

ウォシュレットの写真

費用をできる限り抑えて悪徳業者にあたらないリフォーム会社を選びたい方はこちら

 

無料で見積金額を比較できます!

>>無料見積りで比較してみる<<

複数業者と比較すれば最大50%安くなるんです。

ウォシュレットトイレを使っている家庭はとても多いと思います。
今は電気屋などでも販売されているのは基本的にウォシュレットばかりで、ウォシュレットなしのトイレの方が珍しいかもしれません。
このウォシュレットは色々な機能がついていて非常に便利ですが、ウォシュレットは機械です。
機械は長く使っていたり、無茶な使い方をすれば当然壊れます。

 

そのためウォシュレットが使えなくなった!と悩む人も多いのです。

 

ではウォシュレットの故障にはどんな症状があるのか?

 

ウォシュレットの故障あれこれについて紹介していきましょう。

・蓋が締まらない
・蓋がゆっくり閉まらない
・便座がガタガタなる
・リモコンでウォシュレットの開閉ができない

ウォシュレット本体の故障としてはこのようなことがあります。

 

他にも水が止まらないという故障もあり、ウォシュレットの故障には色々な症状があるのですね。

 

すぐに修理が必要な場合もあれば、すぐに修理せずに済むこともあります。

 

もしすぐに治さなければならない症状が出ているのであれば、修理をしてくれる業者を探しましょう。

 

リフォーム業者などにお願いしても良いですし、電気屋さんにお願いしても良いですよ。
なるべく安く修理をしてくれるところを探してくださいね。

 

【よくあるウォシュレットの故障】
洗浄ボタンを押しても洗浄ノズルが出てこない

 

ボタンを押しても反応がない。

 

便座部分にヒビが入った

 

水漏れがする。

 

ノズルが出ても引っ込まない。

 

シャワーの調子が悪くなった。

 

温水が出なくなりました。

 

ノズルから水が出なくなりました。

 

暖房機能がオフになっていて便座が冷たい。

 

反対に使用中でないのに勝手に水が出て床が水浸しになった。

 

洗浄ノズルが出たままになってしまい、温水が出なくなった。

 

シャワー位置が定位置に来ない。

 

清掃ボタンを押しても通常通り放水してしまい便座の外まで水びたしになった。

 

リモコンは効かなくなり、ついに便座本体のボタンでも動作しなくなった。

 

ノズルが戻らなくなり、スイッチを押してもモーターが動くだけで何も作動しなくなった。

 

突然電源が入らなくなった。

このような故障が起こった場合は、正常に動作しないので、修理するか、交換する方が良いですよね。

 

ウォシュレットの修理費用はどれくらい?

 

実際にどのくらい費用がかかったのかアンケートを取ってみました

保証期間内の故障だったので無償修理です。
最初は修理しようかと思いましたが、新しく購入しました。
便座部分より上部をすべて交換して工事費込みで7万程度
約8万くらいでした。
ウォッシュレット以外にも、便座ごと変えて貰うかたちでした。
かなり前のことなので正確には思い出せないが、1万円程度だと思う。
約2万円位。便座の交換を自分でしました。
約1万7千円程度、自分で便座を含めて全てDIYでやりましたので、安くすみました。ちなみに、便座だけであれば、ちょっと知識を持っていれば、簡単ですよ、その辺のホームセンターに売ってますのでね。
修理というよりも、トイレ本体そのものを交換しました。およそ20万円くらいです。
修理はしてません、新しいのに取り替えました新しいので5万円でした。
修理はできなかったのでそう取り替えしました。
工事費を合わせて2万くらいかかったとおもいます。
トイレ全てを交換になった為、工事費等を含めて15万円弱
本体ごとの交換になってしまったため、4万円程度かかりました。
作業工賃、部品代(便器本体、タンク、便座)含めて15万円
耐用年数を超えたため修理せずに買い換えた
出張費と品物とエ賃で込みで、2万円くらいでした。
修理費用は出張費用、部品代、工賃とで2万5000円かかりました。
メーカー保障5年間だったので、無料ですみました。
延長保証期間のため、修理費用は0でした。
保障期間外でしたが、故障報告がされているため(リコールのようなもの?)無償修理となりました。
作業費と部品の交換で約1万2千円かかりました。
4万円(新品と交換したため。工賃と古いもの引き取り込み)
1万円ほどかかりました。新しいものを購入した方が良いのか迷いました。

(2018年7月弊社調べ)

 

ウォシュレット機能が付いているトイレが壊れてしまったら、修理をして正常に使えるようにする必要があります。

 

普段からウォシュレット機能を使っていないのであれば良いかもしれませんが、便座を温める機能なども使えなくなると冬場はツラくなります。

 

そのため壊れてしまったら修理をしてくれる業者を呼び、トイレを治してもらいましょう。
ではウォシュレットの修理費用はどれくらいなのか?

 

これは壊れた程度にもよりますが、寿命などであれば多くの場合が買い替えとなります。

 

買い替えとなるとウォシュレット本体の費用に加え、取り付け費がかかります。
ウォシュレット自体はホームセンターや電気屋でも販売されているので、自分で取り付けることも可能。

 

自分でする場合は取り付け費が掛からず、ウォシュレットの購入費用のみがかかります。

 

ただ自分ですると漏水などの心配があるため、できるだけ業者に依頼することをおすすめします。

 

ウォシュレット本体の費用はグレードにもよりますが、3〜10万円程度。

 

取り付け費用はどこの業者に頼むかによっても異なりますが、5000〜15000円程度かかります。

 

つまりウォシュレットの修理費用の相場は35000〜20万円の間です。

 

ウォシュレットの費用に関してはどれを選ぶかに寄りますが、取り付け費用は業者によって異なるため、業者選びは慎重に行いましょう。

 

これから、ウォシュレットの修理をする方に向けて失敗しない為のアドバイスを実際の経験者の方にアンケートを取りましたので、是非参考にしてください!

メーカーに直接依頼しても販売店に振られるので何かあった際はまず購入した店舗に連絡した方がいいです。
男性戸建て10ヶ月 保証期間内の故障だったので無償修理です。3日

そんなに長年は使えないのが、ウォシュレット便座なんで、数年に一回は不都合があります、ボタン部分が機能しなくなったり、水が出る部分が出なくなったりです、ただやはり有名なメーカーとお値段はピンキリなんで、長くもたせたいなら、やはり少しお高めの商品と使われてる方の口コミとかを良く見られてから購入した方が間違いはありません、安い商品は早く便座の部分の痛みが早いです。
女性戸建て12年
最初は修理しようかと思いましたが、新しく購入しました。1日で外せました。

メーカーは信頼できるTOTOやINAXにした方が修理の際にも安心です。あまりメジャーではないメーカーだと製造が中止になっていて部品が無かったりすることも多いようです。
男性戸建て4年
便座部分より上部をすべて交換して工事費込みで7万程度1日

トイレだから安上がらだろうとあまり思ってしまうが、実際には値段かかるので余裕準備が必要です。
女性戸建て14
約8万くらいでしたウォッシュレット以外にも、便座ごと変えて貰うかたちでした4日間

自分で修理をすれば安く上がるのはもちろんですが、事前によく調べること分からないことはわかる人によく相談することが大切だと思います。無理をしないことが一番です。
女性マンション使用を開始してから5年は経過している
かなり前のことなので正確には思い出せないが、1万円程度だと思う。1日

自分で判断せず、専門家に相談するのがいいと思います。へたに自分で判断して修理しようとすると、難しく余計にお金と時間が掛かる事が多いと思います。
男性戸建て10年〜15年位。
約2万円位。便座の交換を自分でしました。約2時間。

操作パネルのたぶん電源のランプが点灯し始めても、焦らないことです。本当に故障しているのか?、それとも使用年数でそうなっているのか?見極めが必要です。あと、私の経験ですが、点灯しだしたので、気になりましたが、ちょうどその時、これまで使っていなかった乾燥機能を嫁が使っていたことが後から判明。そんなことで焦げくさい匂いがしたのかな?って今になって思います。でも、10年が交換の目処かと思います。
男性マンション約10年
約1万7千円程度、自分で便座を含めて全てDIYでやりましたので、安くすみました。ちなみに、便座だけであれば、ちょっと知識を持っていれば、簡単ですよ、その辺のホームセンターに売ってますのでね。1日

機能がたくさんついているものの方が魅力的に感じ、普段使わないのに温風が出たりします。ですが、複雑な機能が付いていればいるほど壊れやすいと思います。なので必要最低限のシンプルな本体がいいと思います。
女性戸建て10年程
修理というよりも、トイレ本体そのものを交換しました。およそ20万円くらいです。1日はかかりません

修理より交換した方が早いとおもいます、ウォシュレットは大体寿命は5?10年ぐらいだしいです、修理しても違う場所に不具合が出たら、また修理費用がかかるし、なら新しいのに交換した方が新しいぶん古いのより電気代が安くなるしね。
男性戸建て不明
修理はしてません、新しいのに取り替えました新しいので5万円でした。交換したので

メーカーに問い合わせするのが一番だとは思いますが、買い換えも考慮した上で比較した方がいいと思います。
女性マンション10年ほど
修理はできなかったのでそう取り替えしました。修理はできなかった。

本来は、相見積もりをとって、何社かの見積もりを比較するのがいいと思います。
女性戸建て15年
工事費を合わせて2万くらいかかったとおもいます。1日

ウォシュレット部分が別になっているものが良いと思います。一体型はフォルムがスマートですが、ウォシュレット部分の故障は正に致命傷です。部分的な故障であれば、交換が出来ますが、タンク部分に及ぶとどうしようもありません。まずはトイレ選びが重要だと思います。
女性戸建て15年程
トイレ全てを交換になった為、工事費等を含めて15万円弱1日

10年程度で部品の製造を止めてしまうみたいですので、その前に不具合の箇所がないかチェックしたほうがいいです。
男性マンション約15年程度
本体ごとの交換になってしまったため、4万円程度かかりました。1日

使用中のウォシュレットの型番などの情報をもとに、しっかりと事前確認してもらうことが必要。
店員の口頭説明だけでは失敗する可能性ありです。
男性戸建て20年
作業工賃、部品代(便器本体、タンク、便座)含めて15万円1日

保証期間が長くないため故障した時は保証期間が終わっていることが多いかと思います。
少しでもおかしいと思ったら早めの点検修理をおすすめします。
何とか使えるからと騙し騙し使うと床が水浸しになり不衛生…などということにもなりかねません。
女性戸建て12年
耐用年数を超えたため修理せずに買い換えた1日

壊れても急がないものなので、慌てずに情報収集した方が良いと思います
女性アパート入居時には付いていました。住んで5年
出張費と品物とエ賃で込みで、2万円くらいでした。1日

始めはどこに修理依頼して良いのか解らずに電気店に来てもらいましたが手に負えず、メーカーの修理部門に電気店より連絡してもらいました。メーカーによると機械に故障時の連絡先がシールで貼ってあると言いますが、この製品にはなかったです。説明書の最後のページに連絡先はありました。これからは故障時の連絡先がすぐ解るようにトイレに電話番号を書いておくようにしました。
男性マンション4年
修理費用は出張費用、部品代、工賃とで2万5000円かかりました。半日

ウォシュレット購入の際は必ずメーカー保障の長いプランで購入する事を推すめします。自分の時は5年保障だったので無料ですみました。
男性アパート2年
メーカー保障5年間だったので、無料ですみました。6日

いろいろな人に訊くと、温水洗浄便座は故障が多いようです。多少負担は増しますが、購入時の保証を延長できるのであればしておいた方が良いでしょう。
男性戸建て3年
延長保証期間のため、修理費用は0でした。約1時間

私の場合は2台パナソニック(ナショナル)製が続けてダメになりましたが、どうやら温水洗浄便座は構造上故障しやすいとの話も聞きました。出来るだけ購入時の保証を長くする事をお勧めします。
男性戸建て10年
保障期間外でしたが、故障報告がされているため(リコールのようなもの?)無償修理となりました。1時間程度

丁寧に利用すれば、なかなか故障しないそうですので、必要以上のスイッチを押すなどの行為は止めた方が良いです。
男性マンション6年
作業費と部品の交換で約1万2千円かかりました。1日

よほどのことがない限り、故障の場合は初めから買い替えを検討した方が良いと思います。トイレに2日も時間をとられたのは、なんとなく不快でした。女性戸建て12年
4万円(新品と交換したため。工賃と古いもの引き取り込み)2日、下見修理各1日

ウオッシュレットが急に使えなかった事にあせってしまい、修理をすぐに頼みましたが見積金額と照らし合わせて、年数が経っているものであれば買い替えも検討する事をおすすめします。女性マンション6年
1万円ほどかかりました。新しいものを購入した方が良いのか迷いました。1日

費用をできる限り抑えて悪徳業者にあたらないリフォーム会社を選びたい方はこちら

 

無料で見積金額を比較できます!

>>無料見積りで比較してみる<<

複数業者と比較すれば最大50%安くなるんです。

 

 

洋式トイレのリフォーム業者探しならこちら

洋式トイレのリフォームを検討する場合、リフォーム業者を探すなら近くのショールームなどに足を運ぶのもいいでしょう。
そこで営業担当の人に説明を受け、見積もりをもらっていくらになるのか見てみるのがオーソドックスです。

 

しかし、なるべく費用を抑えたいですよね。
リフォーム費用を抑えるには、新しいトイレの価格を下げる、リフォームの工事費用を下げなければいけません。

 

そのためには数多くのリフォーム業者から見積りをもらい、どこが安いのか比較することが重要です。

 

1社のみにしてして相場が分からず、費用をやたらと高額請求されるのも心配ですよね。
ちなみにメーカーショウルームの見積はトイレ本体は定価でしか出しません。メーカーで見積すれば安くなると思われがちですが、メーカーは本体部品を売るのが仕事です。
そこでおすすめなのがトイレリフォームの一括見積サイトです。

 

 

リフォームの場合、適正な価格やプランの善し悪しは、複数社の案を見比べてることで色々分かってきます。

 

なので複数社からリフォームの見積もりをとり、比較検討してから依頼先を決めるようにしましょう。

 

そこでおすすめなのがここで紹介するリフォーム一括見積サイトです。

 

 

複数社の比較検討が一度の入力で効率的にでき、信頼性も高いので近年利用者が増えています。

 

パソコンから希望の箇所、予算などを入力すると、要望に合った会社を複数紹介してくれます。

 

見積りが出たあとは価格や内訳、プラン、担当者の対応などを比べ、最終的な依頼先を決めます。

 

複数社を比べて一番納得できる1社を選ぶ方法べば満足のいくリフォームにもつながります。

 

リフォーム一括見積サイトでは、厳しい審査基準をクリアした地元の優良会社のみを紹介してくれます。

 

洋式トイレのリフォームを検討している方は一度一括比較サイトを利用してみましょう。

 

↓無料でできるリフォーム業者の一括見積はこちら↓

リショップナビ

 

洋式トイレのリフォーム費用内訳

トイレの工事

洋式トイレのリフォームを考えている人が一番気になるのがリフォームにかかる費用ではないでしょうか?
リフォーム費用は既存のトイレの状態やどんなトイレの方を選ぶかによっても異なります。

 

洋式トイレから洋式トイレへのリフォームの場合は洋式トイレの費用や工事費用で20〜50万円程の費用がかかります。
グレードの高いトイレを選択すればその分費用も高くなりますので、予算に応じてトイレを選びましょう。

 

最も費用が安く済むのが便座のみの交換、トイレにてすりをつけるなどのリフォームです。
これらの作業であれば便座や手すりの費用に加えてリフォーム費用となるので、20万円以下でリフォームできると言われています。
費用はどんなリフォームをするかによって大きく変わります。

 

特に高齢者がいる家庭には洋式トイレが必需品ともいえるので、多少費用が高くなったとしても後悔のないようリフォームしましょう。

 

洋式トイレのリフォームの流れ

洋式トイレのリフォームするには数日を要するケースが多いようです。

 

まずは古いトイレを取り外します。

 

その後洋式トイレを設置して、床・壁などの補修を行って終了という流れです。

 

トイレの付け替えだけであれば2〜3日程度で終了しますが、段差をなくして床を平面にするなどの作業がはいるとそれ以上の日数が必要になることもあります。

 

既存のトイレの状態によっても日数や費用が左右されるので、現地調査に来てもらった時に日数についてもよく確認しておきましょう。

 

トイレリフォームの工事期間

トイレの工事

トイレのリフォームはどんな作業をするのかによりますが、大体半日〜1日ほどで終わると言われています。

 

しかしトイレに新しく洗面台を新設するなどの場合はさらに日数がかかります。

 

トイレの交換や壁紙の貼り替えなどであれば1日以内に終わるので、リフォームに要する期間も非常に少なく済みますよ。
リフォームに関する工事期間に関してはリフォーム業者が現地調査をしてから教えてくれます。

 

目安は半日〜1日となっていますが、内容によってはそれ以上かかることもありますので、まずは現地調査をしてもらって日数を調べてもらいましょう。

 

洋式トイレのリフォームをするには一括サイトで見積もりを取るのが得策

リフォームを考えている人はネットでリフォーム業者のサイトを色々とみていると思います。その中にリショップナビというサイトはあります。

リショップナビ

 

リショップナビには数多くのリフォーム業者が登録しており、サイトを利用することで業者を紹介してもらえるサイトです。

 

ウォシュレット修理の費用や価格は?安く済ませたい方はココ!

ウォシュレット修理の費用や価格は?安く済ませたい方はココ!

ウォシュレット修理の費用や価格は?安く済ませたい方はココ!

 

このリショップナビのメリットは、悪質な業者に引っかかることなく最適な業者を紹介してもらえる点でしょう。
リショップナビには数多くの業者が登録していますが、全て厳しい審査基準をクリアして登録された業者です。

 

ですので悪質な業者はまず審査に落ちてしまうでしょう。

 

そしてその優良な業者を紹介してもらい、何となく自分の希望とは合わないと思ったら再度業者を紹介してもらうこともできます。
自分が納得いくまで相談できるので、この点もメリットの一つと言えます。

 

また複数の業者の見積もりを一度で取ってもらうこともできますので、一つ一つの業者にお願いする手間も省けます。
一つのサイトでリフォーム業者を決めることができるのでとても便利が良いですよね。

 

見積りは無料ですし、どのくらいの費用でできるのか分かりますので、とりあえず申し込んでおいた方がお得です。
リフォームがまだ検討段階でもメリットは多ので、とりあえずリショップナビを利用してみてはいかがでしょうか。30秒ほどで入力は終わります。

 

↓安い業者を探したい方はこちらのリショップナビから↓

リショップナビ

 

 

トップへ戻る